信頼できる注文住宅施工業者を探すポイントを紹介します!

2通りの中古物件

模型を持つ人

リフォームはどちらで

茅ヶ崎は駅から南に向けて市街地が続き海に至ります。戦前から別荘地として開発されてきたため、市街地は狭い道が多く、一軒家が多く建てられています。茅ヶ崎では中古一戸建ての売り出しが盛んで、自分でリフォームする場合と業者によってリフォームされた後に販売される2通りの売り出し方がされています。茅ヶ崎の海の近くの人気のエリアは、まとまった土地の取引が少なく、中古一戸建ての取引の方が多いほどです。茅ヶ崎の古い一戸建ては湘南の海にマッチした外観の建物も多く、外観はそのまま残しておきたいと考える人がいます。古い物件は格安で販売されているものの、立地が良いこともあり、外観を活かしながら生活がしやすいようにリフォームをすることが多くなっています。自分でDIYをしながら徐々に家を作り上げる人もいます。1990年代の中古一戸建ては、新しい耐震基準で建てられた住宅のため、耐震補強などの大規模なリフォームは必要ありません。トイレやお風呂といった住宅設備を最新のものに置き換えることでリフォーム済みの中古一戸建てとして販売されています。不動産業者によって、住宅設備はまとめて発注されていることから仕入れ値が安くなっていることからリフォーム料金は大きく追加されていないので、手頃な料金でマイホームを手に入れることができます。1990年から2000年にかけて、茅ヶ崎では新築一戸建てが多く建設された時期なので、20年から30年たったちょうど今が中古一戸建ての数が多くなる時期になっています。